09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

東大院 工学系研究科 数学対策・解答

工学系研究科一般教育科目の数学の対策情報を提供します。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

勉強方法について 

まずは敵を知るという意味も含めて、
過去問を解くことが一番有効であり、
ほとんどの人が過去問をとりあえず解くと思います。

工学系の数学では特に選択するというシステム上、
問題の選択が数学の実力と同じくらい重要になってきます。

したがって、対策するにあたって、
ある分野に絞るよりも、すべての問題に接して
どの程度の力・知識が求められるのかを体で覚えることが
重要になってきます。

一度過去問で出た問題は出ないだろうから
そこまで過去問を解くことにこだわる意味はないと
思う人もいるかもしれませんが、
実際のところ8年分解けば結構な範囲を復習できますし、
まずは過去問から入ることが重要だと思います。

幸い必要とされる知識は大学基礎レベルで、
大学での数学の勉強をとことんサボってない限り、
「そんなもん知るかボケ!」と吐きたくなることはあまりないです。
(それでも所々あります)

したがってもっとも効率が良い勉強方法は、

0. 解く年を決める
1. この年ならどの問題を選択するかを最初に見た目で決める
2. その3題を解いたあと、時間は気にせずほかの問題もすべて解く
3. 答え合わせする
4. 必要な知識を補う
5. 次の年へ

の繰り返しであると思います。

このサイクルの4.で便利な参考書として、
演習大学院入試問題
のI, IIが有効です。

演習大学院入試問題〈数学〉I演習大学院入試問題〈数学〉I
(1997/06)
姫野 俊一、陳 啓浩 他

商品詳細を見る

演習大学院入試問題〈数学〉II演習大学院入試問題〈数学〉II
(1997/06)
姫野 俊一、陳 啓浩 他

商品詳細を見る


だいたいどこの研究室にも1冊はおいてあるのではないでしょうか。
私も実際に購入しましたが、ほとんど中の問題を解く時間はありませんでした。
過去問を解ききってから試験日直前にかけて気になった問題を適当に選んで解く
といった使い方をしていました。
解答にも誤植が多く、難易度も工学系のより高いのも散見されますので、
あまりこの本をメインに対策するのは賢明とは言えない気がします。

しかし、分野ごとのまとめの項は非常に便利です。
かつ、この本以上の知識はほぼ確実に要求されません。(8年解いた限り)
そういった辞書的な役割として持っておいて損はないでしょう。



さて、問題は3.の答え合わせです。
ここが院試勉強するにあたって一番苦労しました。

私の場合、研究室の先輩が解いたノートや、
同室の友人の解答と比較して答え合わせしました。
プラス学科のシケプリなども合わせてかなり解答の精度を上げることができました。

ネット上にも解答を公開している方もいますが、
やはり万能ではなく、全大問、難問も含めて網羅した正確な解答って
あまりないんですよね。

「すべての年のすべての問題の解答が丁寧に正確に記された参考書があればいいのに」
と勉強している最中ずっと思っていました。

そこで、試験が終わってから実行に移しました。
8年分の解答をTeXで作り上げました。
時間はかかりましたが、かなり目標に近いものを作ることができました。

この解答を次に受ける人に向けて販売したいと思います。
金をとるのかと思うかもしれませんが、
情報料と時間削減の意味で理解していただけると期待しています。


ちなみに私の場合1日から2日かけて1年分解いたので、
過去問を網羅するだけで軽く2週間近くかかりました。
そこからわからない問題を調べるなどしてかなり時間をかけて考えたので、
結局3週間近くは過去問に費やしました。

あまり院試一ヶ月前という大事な時期に数学で時間を費やしたくないはずなので、
この期間(特に答え合わせに手間取り、あれこれ調べものをする無駄な時間)
を縮めることは大いに意味があることだと思います。

私の作った解答が少しでも受験生の方々の役に立てればうれしい限りです。



スポンサーサイト

Category: 概要

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utengmath.blog.fc2.com/tb.php/3-0b47efa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。